浮気調査にGPSを使う利点

配偶者が浮気をしていたら、浮気の証拠を自分で見つけたいと思うのは当然のことです。
自分で浮気調査をしたいという人は、GPSを使った浮気調査を試す人がいます。

GPSを使えば、配偶者がどこで誰と会っているのか、浮気相手と一緒に居る現場を押さえるのも難しいことではありません。

どうやってGPSを浮気調査に使うのかといえば、定番は「車にGPSを仕掛ける」という方法です。

配偶者が日頃乗っている車にGPSを取り付けて、休日や仕事の帰りに、どこへ向かっているのかを調べます。

たったこれだけの方法で、浮気の現場を押さえることができるので、GPSは自分で浮気調査をする人にとって、大変便利な浮気調査のツールといえます。

しかし、便利なGPSですが、使い方を間違ってしまうと逆に不利な状況になってしまう可能性もあります。

浮気調査にGPSを使う利点と、GPSを使った浮気調査の注意点について簡単にご紹介します。

GPSの利点は浮気の現場がわかること

GPSを使った浮気調査の一番の利点は、「浮気の現場がどこかわかる」ことです。

浮気をしている配偶者の車や持ち物にGPSを取り付け、配偶者の行動を監視することが出来ます。

浮気相手と会っていれば、浮気相手とどこへ行ったか、浮気相手の住所を特定することもできるかもしれません。

GPSは、小型の物がネット通販で誰でも購入することができます。
使い方も簡単で、インターネットが使える環境で、自宅にパソコンがある、またはスマホを持っていさえすれば、どこからでもGPSにアクセスして浮気をする配偶者の位置を調べることができます。

配偶者の現在地がわかれば、自分で浮気の現場を押さえることも可能ですが、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼したとき、居場所がわかるので浮気の証拠が取りやすいという利点もあります。

GPSを使った浮気調査の危険

浮気調査にとても役立つGPSですが、GPSを使った浮気調査には危険もあります。

例えば、配偶者以外の持ち物や車にGPSを取り付けたら、プライバシーの侵害や器物損壊などの法令に違反する可能性があります。

また、自分の配偶者の持ち物にGPSを自ら取り付けるのは問題はありませんが、他人(例えば探偵)が浮気調査のために配偶者の持ち物や車にGPSを取り付けると、これも犯罪になります。

GPSを取り付けるのは、自分の手で配偶者の持ち物(車)に限られます。

最近は、スマートフォンに位置情報を読み取るアプリを入れて、浮気をしているパートナーの現在地を調べるという方法もあります。

この方法も、配偶者とはいえ、勝手に他人のスマホにGPSアプリをインストールして使っていた場合、違法行為となるので、絶対にやってはいけません。

GPSを使った浮気調査は、確かに便利で簡単な調査方法ですが、一歩間違うと浮気をした配偶者から逆に訴えられてしまう可能性もあります。

GPSを使う際は、慎重に違法な方法ではないかを確かめてから使うようにしましょう。

Copyright(c) 2017 素人でも自分で浮気調査をする方法!浮気の証拠を抑えるマル秘テク